読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいものを選びなさい

まあなんとかなるでしょうあなたなら大丈夫、という評価をありがたいんだかそうでないんだかよくいただくのですがそんな人物は横浜駅で迷子になって半べそかきながらJOINUSのインフォメーションのお姉さんに道を尋ねたりしないのでは。つい先日の話です。

迷子の心細さにはずうっと慣れない。

行きたいところに行けない、ってのはつらいねえ苦しいねえ。

はがゆいのとなさけないのと、いろんな感情がないまぜになってもうだめ、柱に貼り付けられた地図はぺらぺらで今立っているのは赤い点でしるしをつけたところだってことしか教えてくれないからわたしはお姉さんに、指をさして順を追ってランドマークを、馬鹿みたいに丁寧な言葉で教えて欲しい。

案内係のお姉さん、あらゆる道の曲がり角に必ず立っていてくれないかな。

迷子を辞書でひくと、「道に迷った子供」とある。まあそうか。でも大人にも転用すると追記してあるので使用期限は無いようです、よかった。

大人だって往々にしてロストマイウェイするしもしよかったらなんかそういう感じのもっとしっくりくる単語をつくってくれないかしら。でもにきびが吹き出物にかわるのであれば、迷子も全然かわいくない言葉になるんだろうな。にきびって単語がかわいいかどうかは置いておいて、吹き出物はあまりにもあけすけでは。

話がそれました。

そもそも話したいことなんて無いような気がする。

誰かのおしゃべりに、相槌をうって過ごしたい。その場をやり過ごしたい。

幼いころからずうっとそう、誰かにどうしても聞いてほしいことなんてない。

恋愛の失敗談とか、仕事のさまざまなエピソードとかは、アルコールのにおいがする友人から話してとせがまれた際には、すこしだけ色をつけてご披露しているけれどもわたしを形作っているのはそういう、お酒の肴が足りないときにあったらちょっと嬉しい程度のものです。

みなさんはどうですか。

や、聞きたいことはわりとあるのかもしれない。

紅茶はおすきですか、ミルクティーなら牛乳をあたためたのとポーションとどっち派、もしかして生クリーム、例の写真展いつがいいですか、入浴剤、柑橘系のと森っぽい、スースーするのがあるけど今晩はどうしましょう、ええと今のわれわれの関係性にそろそろ名前でもつけてみませんか。

聞けないこともたくさんありますね。

迂回迂回、目的地にすんなりたどり着くことを選ばないのは謙虚で奥ゆかしいんですよね三歩下がって三つ指ついて影にひなたに。

ええいままよで不意に博打に出るくせに、自分が大事で傷つかないように予防線を張りまくって、相変わらずめんどくさい。

いったい道はいくつあって、どれを選んだら正解なんでしょう。

正しいものを選びなさい。

 

はあ、満点しか取りたくない。